トイレットペーパーの芯は生活の便利グッズ

短期大学から大学、大学院まで合計すると約3百万人に達する大学生が在籍していて、近年は国公立大学の入学金が私立大学に劣らず高くなり、アルバイトする学生が増えているので彼らの

バブル崩壊後の経済低成長が影響を与えている学生の生活

トイレットペーパーの芯は生活の便利グッズ 短期大学から大学、大学院まで合計すると約3百万人に達する大学生が在籍していて、近年は国公立大学の入学金が私立大学に劣らず高くなり、アルバイトする学生が増えているので彼らの生活振りが注目され、以前から継続的に調査されています。いうまでもなく学生は生活費の多くを親に頼る割合が高いので、親がサラリーマンの場合、バブル崩壊以後、非正規雇用で働くサラリーマンの割合が急増してサラリーマン全体の平均賃金が下がり続けてきた結果、家庭の収入の中から子供へ仕送りする金額が減少し続けています。

このため、学生生活の必要額が自宅通学と親元を離れた一人暮らしで大きく異なりますが、一人暮らしで民間賃貸住宅に住むと学費や教材費等以外に住宅費が多額となり、掛け持ちのアルバイトに時間を費やす学生も多く、近年は学部生でも奨学金受給に頼る学生が半数を超える程に激増しています。しかも、給付型が貸与型に比べると受給者枠が少ないため、多くの受給学生は卒業後に返済する必要があります。また、就職できても正規雇用で採用されるばかりでないので、受給した奨学金の返済に困る若者が増えているようです。

更に最近、家庭の経済的格差が大きくなり、大学へ進学したくても家計を支えるため進学を諦める人が増えていますが、給付型奨学金を増やして向学心ある優秀な学生が安心して入学し、本来の勉学に集中できる生活を送れるようにすることは単に本人や家族の為だけでなく、今後、日本社会全体の発展にもつながることです。

Copyright (C)2019トイレットペーパーの芯は生活の便利グッズ.All rights reserved.